アメリカアムトラック 列車旅行体験 

アムトラックアメリカ国内旅
マズヤッテ
マズヤッテ

Seattle→Portrand (Cascade号)までAmtrak列車の旅について感想まとめてみたよ♪

Amtrak アメリカらしい点

  • やたらデカい
  • おっそい
  • 揺れすぎ
  • 列車ですが何か?
マズヤッテ
マズヤッテ

「新幹線」と比較しちゃうと、がっかりしちゃいます。でもすごくアメリカらしいと思ったよ♪

やたらデカい

いかつい昆虫のような顔しているAmtrak。正面から見ると馬力すごそうだなーっていうオーラがたっぷりだし、先頭車両は下駄をはかせたようにデカさがあり上から目線な走行をするんだろうなーっていう感じ。期待にわくわく♪(この時点では…)

おっそい

Seattle→Portland (約276キロの距離)なので日本で言うと

ざっくり東京→福島くらいの感覚。さぁいよいよ列車が重たそうにゆっくり動き出したよ~!ワクワクの超ピーク♪ガッタンゴットンとしばらく勢いがついてくるまでの準備体操的な走行をはじめたAmtrak。いよいよ本気を出すのか?と思いきや現地に到着するまでずーっとそんな感じだった。あらっ?

おいおい、約276キロの距離を3時間半!!日本の新幹線だったら東京→福島までとっくに到着して観光始めている頃じゃん。 まあ、そんなこと言うなら飛行機を使いなさい!と昆虫顔Amtrakに言われそうなので、ありのままを受け入れて楽しむべき!

揺れすぎ

動き始めは何かと揺れるんだろうなーと思って、持っていたコーヒーも備え付けテーブルには置かずに手に持っていた。しばらく乗っているうちに揺れはおさまったものの、ゴトンゴトン感&車窓のカーテンが揺られていて列車の旅してます♪というの思い出が懐かしい。多分それがいい味だしているんだろうな~。

列車ですが何か?

1時間も乗車しているとちょっと飽きてきて動きたくなる。トイレに行ったり、小腹が空いたのでBistro車両まで行ってみた♪(車両販売のせいか若干お値段は高めだった)

軽食を楽しんでいる乗客も何人かいて「世界の車窓から」に出てきそうな光景だった。知らない人だけど、ここはアメリカとりあえず目があったらSmileであいさつ。でもそれがなんとも心地がいいんだ。

日本でも文字で書かれたメニュー表だとイメージつかなくてよくわからんのに英語のメニュー表だとおまけに商標名で書かれてる、そんなの私には!と思いつつとりあえずHebrew National®ホットドッグを注文して食べた。

パンにソーセージが挟んだだけのシンプルの物だったけどソーセージの塩ゆでしすぎでしょっぱかったな~。そういうホットドッグの種類と捉えるべきか、列車のホットドッグと捉えるべきか。どちらにしても思い出になったのでOK♪

いろんな意味で「列車ですが何か?」と逆に聞き返されそうな体験だったけど楽しかった。

Amtrakについて

値段

  • 予約した席や距離によって値段が異なる
    • 例)シアトル→ポートランド Coach席で$40前後
  • 出発の14日より前にネットで予約すると若干安くなる
  • 飛行機よりも安い!
マズヤッテ
マズヤッテ

列車の旅もなかなか楽しいもんですよ。ゆっくりとアメリカ大陸の景色を眺めて楽しめるし,他の乗客と簡単な会話も楽しめるし、渋滞ってこともない、トイレも完備されているのでゆっくり列車の旅を楽しめばよしっ。

タイトルとURLをコピーしました