アメリカ 大学生活での広い視野の持ち方

group study留学生活
学くん
学くん

入学時点で専攻決めないいんですよね?

でも、どうやって決めていけばいいですか?

マズヤッテ
マズヤッテ

どうやって、絞っていけばいいのか迷いますよね。

アメリカ大学では入学時点では学部を決めなくてOKです!

本記事の内容
  • 大学の学部が決まってない
  • 将来何になりたいか分からない
  • 色々興味があって迷っている

アメリカの大学の場合、学部はすぐ決まっていなくてもOKです。大学生活は、自分探しをする場所でもあります。 そこで、専攻分野を絞る3つの方法を解説します

  • 将来どんなことをしたいか
  • 自分の得意な分野で選ぶ
  • 一般教養を取りながら決める

大学生活 将来どんなことをしたいかで選ぶ

具体的な業種は決まっていなくても、人を助ける仕事がしたい!とか、物を作る仕事をしたいなど自分がどんなことに関心があるのか見つける時間として過ごしましょう。

大まかなくらいが良い

社会に出ると様々なバックグラウンドの人達と仕事をすることになります。

自分が気になっている学部とは外れたことを学ぶ機会も大学では大事です。そうすることで、ちょっと寄り道をしている気持ちになるかもしれないが先に行ってから役に立ちます。

マズヤッテ
マズヤッテ

そそ!大学生活では、視野を広く持つこと大事よ

注意)将来の「給料」基準で専攻は決めない方がいい

自分に興味があるかわからないけど、給料が高い職業だから!という理由で専攻分野を選ぶのは注意。

例えば「弁護士」「医学」などは給料が高い職業として知られていますが、まったく自分自身に興味が無いのをこの先4年間、そしてその後に続くLaw SchoolやMedical Schoolといった長い道のりにめげずについていけるだろうか? そこにかかる高額な学費、長い学生期間と費やされる勉強時間。

注意)惑わされない方がいい

ビジネス専攻にすれば、就職しやすいっていうのもあまり当てにならない。

もちろんその分野の中に興味がある分野があれば(例)会計学、マネージメント学など、があると言うなら良いかもしれないがどれ1つも興味ないのに就活のメリットだけを頭にいれて今を楽しめないのはちょっともったいない。

大学生活 自分の得意な分野で選ぶ

どう仕事として活かすかはさておき…

あなたが得意な教科は何でしたか?もしくはみんなに「すごいわね!」と褒められるような事はどんなことですか?

好きな事っていうのは、意外と先に行っても変わらないもんです。30年先に同じことをやろうとしても懐かしいなと思いながら楽しめるでしょう。

例えば、「写真」が好きでカメラを持って自然の光景を撮影するのが好きだったとします。でも職業としては写真家をめざさなくても、映像やカメラの技術といった延長線上にある分野を学ぶことができたらより有意義な大学生活になりますよね。

大学生活 寄り道するなら大学時代こそチャンス

大学では入門コースからそれなりに専門コースまで揃っている場所です。

自分の得意分野を軸に関連した他のコースを取得してみるのも面白いですよ。

例えば「物づくり」が得意だったとしたら他の分やでの物づくりにトライしてみるのも良いでしょう。「調理」「エンジニア」「芸術」共通するのは何かを作って生み出す事。 工作作りが得意かと思ったら、意外とプログラミンで何かを作る事や、各国の食文化に触れながら料理を作る事も好きだった!など自分自身でも知りなかったことが知れるきっかでもあります。

余談

マズヤッテ
マズヤッテ

私の在学中の話です。

大学によっては、非常に多くの留学生が各国から集まってきています。 そして留学生は国籍が違くても友達になりやすいです。 その環境を活かして、あえて外国語のクラスを履修したことがあります。(通常留学生は既に二か国語を話すので外国語の履修は免除されることが多い) 

私の留学先ではアルゼンチンからの留学生が多かった環境でした。スペイン語を聴く事が多かった環境を活かして「よし、スペイン語を履修してみよう!」と思い1学期間スペイン語入門クラスを履修していました。 日本に帰ってきてたまたまスペイン語圏の人と職場で会った時に覚えている限りのスペイン語で会話ができた時は無駄ってないんだなと思いましたね。 ※ちなみにスペイン語は人称による動詞の変化に苦戦しました。

当時は寄り道と思えたものが、将来にいくと種だったのかもと気づかされることがあるからです。

学くん
学くん

そこが専門学校とは違いますよね。

大学生活 一般教養を取りながら決める

大学最初の2年間は一般教養のコースを取らされる学校がほとんどです。

その一般教養の中には、英文学、数学、サイエンス、歴史など高校までの授業でも馴染んできた教科も勉強します。

しかし、大学では歴史という分野に関しても、一般的なアメリカ史や世界史だけでなく宗教の歴史、人種や文化の歴史など奥深い学問があるのも大学の特徴です。

同時期にできること

課外活動に参加するのも方法です。専攻分野とは違う学生や教授たちとのコミュニティーと接することで、知らなかった面白さを知れる機会です。

余談

アメリカの大学には珍しい学部もあります。

例えば、コメディー専攻やカジノなどエンターテインメントで使われるゲーム関連のテクノロジーを学ぶ専攻もユニークです。 

自分が入学した大学にはその専攻がなくても、しかしたら在学中に本当に興味がわいてきて編入してその学問を学ぶというのもありです。 実際に在学中に編入する人も少なくないです。

まとめ

アメリカの大学では入学時に専攻を決める必要はなく、どの人も同じ門から入ります。

自分探しとなる大学生活期間では広い視野をもち、多くの人や学問との関わりを大事にして学部を決めるのでも遅くないです。

また、寄り道と思えるような機械でも、どこかで役に立つかもしれません。大学生活ではそんな寄り道のゆとりさも大事に過ごせしましょう!

タイトルとURLをコピーしました