アメリカ留学 コロナだが諦める前に!

ストレスを抱えた人留学生活

予定では9月からアメリカの学校に行く予定だったがコロナの影響で行けなくなりそうだと諦めている学生が多いようなので、諦める前に一言だけアドバイス!ということについて書いていきたいと思います。

学くん
学くん

まじですか?!9月もう無理だろうなって思ってたんですけど

選択肢が多いから

  • 幅広いニーズに合わせた制度体制
  • オンラインクラスも昔からある
  • 遠隔教育がメインという学校もある

人生においてこの先も多くの壁と直面することあるでしょう。コロナもその1つです。こんなはずではなかった!と世界中のみんなが思っているでしょう。

だけど、まだこの時代に生まれていてよかったと思うのです。なぜなら選択肢があるから。インターネットもあるし、メディアもあるしむしろ無数ある情報がヒントになる

どういう目的でアメリカ留学する計画でしょうか? アメリカには、できるだけ多くの人に教育の機会を与えるといる教育理念があります。

何かしらの障害があっても、英語がはなせなくても、受け入れてくれます。

色々な人に教育が行きわたるように、出征軍人でさえも、教育が受けられるように仕組みが整っています。ということは、当然遠隔教育といったシステムも昔からあります。

語学留学の場合

アメリカにいかないと英語が学べない時代ではなくなりました。映画やニュースだって原語のまま聞くことができるし、わざわざ大きな本屋にでかけて探しまわらなくても洋書は手に入るし、在住外国人も年々増えていますよね。 外国人との交流の場を探して積極的に参加してみるのも良いですよ♪

Meetupという交流のきっかけづくりのサイトがあります。自分の気になるテーマをもとに交流サイトを見つけて開催イベントに参加するというもの。もともとはアメリカでスタートした物なので、多くの外国人に知られていても、日本では知らない人の方が多いかもしれません。

高校・大学留学の場合

以前のブログでもご紹介させていただきましたが、卒業を目的としているならば単位をとっていかないとならないですよね。でも、単位の取得方法にもいくつか方法があるので、今この状況だからこそ別の手で進めておいて、状況が安定してきたら現地の学校に行くようにすればよいと思います。

多様性を鍛えられるから

こんなはずじゃなかった状況でも乗り越えて勝ち取る人はいます。アメリカで勉強したいと世界中から集まってくるアメリカですが、夢を勝ち取るまでにどんな努力や挑戦だがあったか、どうしてそれでも続けたのかなど聞くと実に多くのストーリーがある。

最近日本でも「多様性」って大事だよね!って聞くようになりましたが、多様性がある方がその数だけ変わった視点で物事を考えられより良いアイディアが生み出しやすいんですよね。 

余談ですが、アメリカ人はこうした困難な状況でもやりきったストーリーが大好きです。まさか!っていうようなことに向き合って成功したひとのサクセスストーリーなどよく会話の中でも出てきますし、格言も大好きですね!例えば、マイケルジョーダンの有名な言葉を引用させていただきます。

Obstacles don’t have to stop you. If you run into a wall, don’t turn around and give up. Figure out how to climb it, go through it, or work around it

マイケルジョーダン

【日本語訳】

障害を前にして立ち止まることはない。壁にぶち当たっても、振り向いて諦めてはいけない。どうやってそれを乗り越えるか、突き進むか、回り込めるかを考え出すんだ。

まとめ

せっかくアメリカ留学しようと思っていたのに!と諦めようとしているならば、諦めなくてもいいんですよ!その夢は現役のまま今できることがあるし、選択肢が多いアメリカだからこそ対応可能なこともある。 

きっと乗り越えた先には想像以上の何かがあるかもしれませんよね♪

タイトルとURLをコピーしました