自分を許すことから始めよう!時間という資源で

forgiveness思考
マズヤッテ
マズヤッテ

こんにちは!マズヤッテです。

お金と時間どっちが欲しい?と聞かれたら多くの人は「お金」というと思う。

じゃあ、余命1日:100万円あげます vs 余命100日:0円 どっちがいいだろうか?

難しい質問ですよね。
結論からいうと、時間ってお金よりも貴重なんですよ。

だってお金って時間買えなくても、時間があれば、お金を作ることはできるでしょ?
体を鍛えることだってできるし、新しい事を学ぶ事もできる、自分自身をTransform(変えていく)することもできる。 時間こそが最強の資源なんです!!!

そんだけの資源を私達は生まれた時から無条件で与えられているのだから、時間を味方につければ自在に変化できるってことですよね。

と、わかっていても自分を変えていくには勇気も伴う。
・失敗への恐れもある
・変化はストレスになる
・不安さというリスク

ということって人は誰しもある。私にもある!
大事なのは、過去や現在どんなに悩みがあろうとも、そこから抜け出して前進すること💪

というわけで、本日のテーマは、自分を許して前に進むことについてです。😊

こんな内容について解説したいと思います♪

自分を許すことからスタート
  1. 自分を許すこととは?
    • 過去→現在→未来 自分を許す4つのステップ?
  2. 許すことのメリット
  3. こんな状態の時は自分を許す
マズヤッテ
マズヤッテ

成功も失敗の時間もすべて良しとして

痛みも辛さも、全部自分の糧にして

自分の育成材料にしちゃうんです。

スポンサーリンク

自分を許すって何?

【他人との間での出来事】

あなたの友達があなたにひどい事をしたとします。あなたは非常にショックな気持ちと怒りでしばらくお友達とは話さなくなってしまいました。

しかし、時間が経つにつれて相手もあやまってきました。
そして、自分も相手を誤解してしまった点もあったなーと改めて気付きお互い許し合うことにしました。 それぞれ加害者と被害者という立場かもしれないが、互いが出来事を向き合い修復した。

というように、ミスや行為に対して「ごめんね」と相手を許すことを自分自身にもするということです。

【自分自身の出来事】

私には昔からよく親しくしてくれたおじがいます。
小さい頃からホームセンターに一緒に行ったり、庭の草むしりを手伝いに行ってました。


おじは長年勤めていた会社を定年退職して、家にいることがあったにもかかわらず私は仕事を理由にめったにおじに会いに行くこともしなくなってしまいました。


しばらくすると、おじは体をうまく動かせなくなることがあり、よく転ぶようになりました。様々な検査の結果難病ALS(運動神経の障害で体が動かせなくなる病気)と診断されました。自分で呼吸できない為に人工呼吸器をつけた状態で今でも入院生活を送っています。

もっとおじと過ごすべきだったとずっと後悔してました。

過去の出来事から抜け出せないままになっている方もいらっしゃると思います。もっとこうすればよかった!とかあの時こうしていれば!という後悔。 


こうした状態から修復して抜け出すアプローチというものがあります。
過去に起きたことに対して、受け入れて(今)、未来につなげるというものです。
ご興味があればこちらも合わせてご覧ください。(青いところをクリックすると開きます)

  1. 責任
    事実として起きてしまった事実を受け入れること。
  2. 後悔
    後悔や辛さの痛みがあるのは、それは自然なことと受け入れる。
    そこにとどまっていても変わることができない。
  3. 回復
    起きたことを受け入れた上で修復の向き合い方を考える
  4. 更新
    誤ちや後悔を引き起こす事も人生には起こることを頭にいれる。
スポンサーリンク

自分を許すことのメリットとは?

自分を許すことで、過去におこったミスや後悔から自分を離すことができるようになる。

「ああ、自分はなんて情けないんだろう!」とか、「自分はなんて馬鹿なんだ!」とネガティブな状態はメンタル的にも良くないどころか、実は身体的なリスクがあると言われているんですね。

ストレスによってホルモンバランスが崩れ、脳内物質の分泌不足から免疫の低下という悪循環を引き起こすと言われています。

自己分析をプロとするなら『mentors』

こんな状態の時は自分を許す

他人に対しては大目にみてあげられても、いざ自分のこととなると厳しくなってしまうことありませんか? 

「自分を許す」ということは、いい加減に流すということではなくて自分に対して厳しくなりすぎている状態から一旦解放してあげるということ。

では、どういった状態が自分に厳しすぎになっているサインなのか?についてまとめてみました

自分に厳しすぎになっているサイン
  • 不機嫌になっている
  • 他人と比較している
  • 自分自身のことなに一つ満足しない
  • 達成してない目標についていつまでも気にかけている
  • いいアイディアを発表しても注目されなければ満足しない
  • 様々なことにネガティブ
  • 過去のミスにいつまでも気にかけている
  • 無茶な期待をする 
  • あらゆることに罪悪感を感じる
  • 褒められたことを素直に受け入れない
  • 自分自身に役に立つだろうことをあまりしない

まとめ

マズヤッテ
マズヤッテ

それでは、まとめです

時間があれば、自分を鍛えることもできる、お金を生みだすこともできる、または自分を変えていくこともできる。

しかし、人には、過去にある失敗や後悔した出来事によって前に進めなくなってしまうこともある。
何も修復せずにそのまま諦めてしまったり、逃げてしまったり。

他人とのトラブルにおいても、まず原因となっている出来事に向き合って修復していく必要があるように、自分自身に対しても許すことで、厳しくなりぎていた状況から自分を解放して前進することができるようになるんです。

じーっと過去の失敗や出来事にずっと悩み苦し続けるのではなく、心も体も現在進行系の状態にしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました