お金で買えない時間 未来に投資する積み上げ

jumping dog暮らし
困ったさん
困ったさん

給付金でゲーム機買って、家賃の足しにしたら

終わっちゃいましたよ。

マズヤッテ
マズヤッテ

そっか、それ以上の価値にはならないかー。

みんなのいろんな使い方♪
  • 家電買い替えた♪
  • 外食と普段の生活費にあてた♪
  • プチ旅行に行ってきた♪
  • 通勤の為のチャリ買った♪

それぞれ色んな事に使えたようですね。

一方で10万円一回きりでは足りないと言う声もある中、果たしていくらあれば満足するのだろうか?という謎もある。

もし、50万円だったとしても時期に「足りないよ!」となるのでは?

結局は「コップの中の水」理論と同じで

「10万円”しか”配られない」なのか「10万円”も”配られる」の違い。

どちらにしても額その物の価値よりも、捉え方の時点で価値がかわってくる。

本日のテーマ

「価値以上の価値に変える」使い方について解説したいと思います

WP食堂女将さん
WP食堂女将さん

そう? でも生活必需品は十分価値になるわよ。

絶対に使用するし、必要なのは確実。

困るマズヤッテ
困るマズヤッテ

更に欲張って、お得感 欲しいじゃないですか♪

ポイント還元!みたいな♪

スポンサーリンク

物の投資だけでは得られない価値

  • サンタさんからのプレゼントではないから
  • その値段以上の物にはならないから
  • 「血となり肉となる」ものではないから

サンタさんからのプレゼントだったら、サンタさんがその人が願っていた物を運んで来てくれるけど、給付金って名前からして地味でお堅いように、活かすも無駄にするのも利用者しだい。

そして、選んだものはが10万円の冷蔵庫であれば、それは10万円の冷蔵庫以上の物にはならない。毎日便利に使えている価値はあるかもしれないが、道具として役に立つだけて道具止まり。

結果として「血にも肉にも」ならず、お得感が得られない。

スポンサーリンク

投資は穴埋めじゃなくて橋を作るもの

結果的に目先の事にお金を使ってしまうと、何も変化がない。
例えば、穴に落ちないように、穴埋めをするように。

でもその先にも所々穴はあるのは確実。 であれば、思い切って「橋を作る」計画をすれば穴に悩まされることがなくなる。

自分で作れるための投資を得よう

本を買いましょう!経験を買いましょう!に限る。

なぜならば、橋の作り方がわからなければ始まらない。
料理でもレシピがあるから始められるように♪

そうか!こういう風に考えるor行動すれば良いのか!となるものを得られるのは本や経験。そこから先また本を買ってノウハウを学べばより先に進める。 

もとはと言えば、1冊1000円程度の本がきっかけが「行動」をもたらしたのかもしれないが、その行動に変えた価値は1000円以上になっている。 

まとめ

目先の穴を埋めるためのお金のを使っていたら、いつになっても同じパターン。
結局は、それを繰り返すことはできても、それ以上の自分を生み出すことはずっとできない。

もっと大きな計画のためにお金を使えば、そのお金の価値以上の物を手にする事ができる。

さあ、まずは読書の秋に向けてたくさんの本を是非読みましょう♪

タイトルとURLをコピーしました