アメリカ事情 なぜホームスクールを選ぶのか? 簡単に解説

homeschoolアメリカ生活
マズヤッテ
マズヤッテ

こんにちは!マズヤッテです。

日本ではあまり馴染みのない「ホームスクール」つまり学校に行かず家が学校というやり方について語りたいと思います。

と言うのも、アメリカでは、ホームスクールを選ぶご家庭は少なくはないんです。しかし去年から更に急激に加速化しているアメリカ。 その背景には、もちろんコロナの影響があります。

では、コロナになる前から、ホームスクールを選択していたご家庭はなぜその選択肢を?


少なくはないとはいえ、ホームスクールに通わせていると聞くと、どこまで踏み込んで聞いていいのか会話が続かないという人も実際アメリカであります学ぶ形には色々あってもいいはずなのに…


率直に、一般の学校がある中で、あえてホームスクールを選ぶ理由がわかればもっと理解が深まるし、もっと言えば選択肢の1つとして想像していなかった良さがあるかもしれないって事に気付かされるということですよね♪

というわけで、本日のテーマではホームスクールをなぜ選んだのか?について
こういった疑問に絞って解説してみたいと思います。

ホームスクールについての疑問
  • なぜホームスクールを選ぶのか?
  • 親の考えや目的
  • ホームスクールによる親側の負担とは?
  • ホームスクール 子供からの視点は?
スポンサーリンク

なぜホームスクールを選ぶのか?

私は学生時代アメリカで過ごしていました。 

知り合いでも兄弟姉妹、またはお子さんをホームスクールにしていらっしゃる方もいました。

しかし、予想していた理由にはどれも当てはまらなかった

・病気等のために学校に通えない状況ではない
・通学可能な距離に学校がないという状況ではない
・危険な区域に住んでいるからというわけではない
・人と話すのが苦手だったり学習障害等をもっている子でもない

むしろホームスクールの子供達は穏やか、また好奇心旺盛のキャラクターが多いように感じる。

マズヤッテ
マズヤッテ

ホームスクールにする際には、親側の意思決定ではなく子供も合意が必要になってくる。強制されているというよりも、ホームスクールの子供達はそれを楽しんでいると感じた。


スポンサーリンク

ホームスクール 親の考えや目的とは?

コロナが理由でホームスクールを検討したい人増加するのはなんとなく理由がわかる。
しかし、ホームスクールを選択する理由には、困難な理由が伴うとも限らない。

さまざまな「想像」で終えてしまうといつまでたってもホームスクール=変わってるという見方は変わらないでしょう。 

というわけで、知り合いの体験談を交えながら、まず親側の考えや目的についてまとめてみました。

親の考えや目的は?
  • 好ましくない環境から守るため
  • 我が子のための最適さ
  • 家族との時間を重視するため

解説はこちらにまとめておきました。青いところを押して広げてご覧ください♪

好ましくない環境から守るためにホームスクール利用

アメリカでは良い学校選びのために引越しをする人もいます。
特に公立学校の場合だと、区域の住民でなければ通えないなど州ごとの規制もあります。

しかし、ホームスクールを選ぶ理由は住んでいる区域や引越しが困難だからというわけではなく「学校という環境」を好まない親もいらっしゃいます。 大きく3つにわけてみました。

  1. 友達の変化から守る
    • タバコやお酒などへの好奇心を避ける (親友さえも始めたらどうする)
    • 汚い言葉や態度も学んでしまう (家では聞かない言葉遣い)
    • 他人をもとに自分をみるようになる(成績はどうか?人気度はどうか?)
  2. 規則や教えが好ましくない
    • 競争を助長しいている(誰が1番であったか、どれがベストかなど)
    • 重要なのは「学ぶ」ことであって規則に縛ることではない(遅刻、時間厳守、服装)
  3. ストレス
    • 荷物の多さのストレス
    • 競争社会のストレス
    • 友達づきあいのストレス
    • ストレスの負荷により「学ぶ」ことが嫌になる
マズヤッテ
マズヤッテ

よく考えていれば、「学校」環境の全てが

良いとも限らないですよね。
むしろ、決められた形に適応していくことの方が
多いと思う。

我が子のための最適さのためにホームスクール利用

だからといって、じゃあ「ホームスクールにしましょう!」と簡単にはならないはず。
なぜなら、親だけの意思ではなく、実際に学んでいく我が子にとって適したものでなければ親も実行しないでしょう。

そうなってくると、親が我が子を見てどんな点を重視して育ってほしいと思ったのかの信念について更に深堀りをしてみた。

  1. 成長タイミングはそれぞれ異なる
    • 年齢に応じた活動では、プレッシャーがかかってしまう
      (例:6,7才になって人の多い環境、学校活動、規則、同時負荷が多すぎる)
  2. 感心や能力もそれぞれ異なる
    • 本人の感心のある事に重点を置く環境が必要である
      (例:他の子も大勢いるため1人の感心の為に全体を調整するのが難しい)
  3. 学習ペースもそれぞれ異なる
    • 得意・不得意に応じてペースを調整する
      (例:掛け算が苦手なら、掛け算をじっくりやれば良い。他の子に追いつくために居残りさせるようでは劣等感を与えてしまう)
  4. 学校のための適応ではなく自分の適応
    • 学校だと一般的に朝8時〜午後3時というスケジュールに合わせすことになる
マズヤッテ
マズヤッテ

「個」のより伸ばすという

ことなんでしょうね。

家族との時間を重視するためにホームスクール利用

またホームスクールを選ぶ理由には、「家族」との時間にもあるようです。

どういうことか?というと、親の仕事によっては帰りが遅かったり、アメリカだと軍人等の理由で遠方での任務の為家族と離れて過ごす方もいる。

それは親にとっても辛いことであり、子供にとっても寂しいことである。
ホームスクールであれば、家にいるので帰ってきた時に過ごせる時間が得られる。

また、ホームスクールであれば、家族みんなで旅行にでかけやすい。
学校の行事やスケジュールに振り回されることないので、長期間でも可能になる。

マズヤッテ
マズヤッテ

自分がまだ子供だったら
嬉しくなっちゃいますね♪

ホームスクールによる 親側の負担とは?

ここまで聞くと子供にとってもホームスクール良さそうだな!と思えてきますが、一方で親側の負担についてどうなのだろうか?という点についてまとめてみたいと思います。

例えば、一般の学校に通わせている場合、親としては子供を朝起こして学校に送ったあとは、親は仕事に出かける人も多いでしょう。

しかし、ホームスクールともなるとそういうわけにはいきません。 
こんな大変さがあるということもわかりました。

親側の負担
  • 親が先生となる
  • ホームスクールは安くはない
  • 強い信念が必要である

解説はこちらにまとめておきました。青いところを押して広げてご覧ください♪

親が先生となる

親の時間がなるなる最大の理由は、親自身が先生になるから。
もちろん、ホームスクール教材や決められたカリキュラムというのがあっても、「じゃがんばって勉強するのよ!じゃーね」というわけにはいきません。

どんな部分が理解できなかったのか、今日はどこまで学ぶのか、進捗はどうか?といった事は親がしっかり見ていかないとなりません。 

また、計画を考えていかなければなりません。子供を学校に通わせないということは、親が子供に美術館や博物館に連れて行ってあげたり、社交の場を作ってあげないとなりません。(ボーイスカウト、サッカーを習う、ボランティア活動に参加する、教会などのコミュニティーを利用する)など交流の場を提供してあげる必要があります。

ホームスクールは安くはない

一般の公立学校に通っている場合だと国が負担している分、ほぼお金はかからなかったものがホームスクールでは自己負担がほとんどのようです。

パソコンを購入したり、学習のために必要な物を購入するなど学校であったら学校のものを使えていたものが全て自分で揃えることになる。

強い信念が必要である

時には子供が「ホームスクールなんて嫌だ!」って言い出すこともあるでしょう。

そうなった時に親としては「この子には合わないのかもしれない」と即座に結論づけてしまいがち。一般の学校に通っている子供であっても「もう学校なんて嫌だ!」といって、この子には学校あわないのかもしれない!と言って翌日から学校に行かせないとならないでしょう。何事にも波があるんだという理解が必要なのと、親側にも揺らがないだけの強い信念が必要であると同時に、ホームスクールを選ぶ親同士のコミュニティーを作り、自信づける事も大事である。

 

マズヤッテ
マズヤッテ

ちょっとここで余談です!

アメリカの子供留守番事情について

アメリカの場合、子供だけで留守番にさせることは安全ではないと考え、州、もくは居住区域の規定によっては、明確な年齢制限もあります。例えばイリノイ州では、留守番するには最低でも14歳でなければならないなど厳しい法律があります。  

こうした明確な年齢規定がないところでも、小学生くらいの子供だけで留守番させるという事がありえなく、日本の感覚には驚かれる人もいらっしゃいます。

【読むトレGO! for 任天堂スイッチ】

ホームスクール 子供からの視点は?

今度は逆に子供側の視点からは見てホームスクールはどう見えているのかについてです。

去年コロナによって一時的に学校が休校になる時期がありました。
せっかく楽しみにしていた学校行事や友達と会えないつらさを映し出した番組を見ていたらつらくなりました。 

しかしながら、学校に通う子達が学校から帰ってきた頃に会ったり、サッカーやボランディアなどの交流活動などもあれば、むしろホームスクールのほうが好き!という意外な意見をまとめてみました。

子供からの視点
  • 朝早くに起きなくてもよいこと
  • 着替えて身だしなみをして学校に行かなくてもよいこと
  • 自分の理解度や苦手度に合わせてペースを進められること
  • いじめがないこと
  • ホームスクールの場合、時間が短いので有意義に過ごせる
  • お腹すいた時に食べることができる
  • 先生や周りによく見せようとしなくても良いこと
  • 人と比較しなくなる
  • 孤独に感じことが減る

意外と子供達にとってメリットして見ている部分もあるんだなーと感じたことに驚きでした。

特に「いじめ」に関しては、アメリカでも問題になっています。(言葉によるもの、肉体的ないじめ、

無視や精神的なもの、SNS経由でのいじめ、性的なもの、高等教育でのいじめ)

また、学校という交流の場があれば寂しくないとも限らず、自分にフィットする場がないと逆に孤独に感じてしまったり、親が仕事で忙しくて家に帰っても一緒に過ごす時間がない寂しさもあるようです。

累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム

まとめ

マズヤッテ
マズヤッテ

それでは、まとめです。

日本ではあまり馴染みのないホームスクールという選択肢。
コロナによってホームスクールを検討するご家庭も多いが、簡単に「じゃホームスクールにするわ」と言ってできるような物でもない。

なぜなら、単純に学校にいかずに必要な課題を家でやらせればいいんでしょ?というものではないから。

親が先生となり、子供の教育に責任をもって必要なカリキュラムを終えるようサポートし、ニーズにあう交流の場を作ってあげることも必要となってくる。 学校に送り届けてその間は仕事に出るというライフスタイルでさえも難しくなってくる。

それなりにコミットが必要なホームスクールではあるが、好ましくない環境から避けるため、我が子にあう必要なペースで学べる状態を揃えるという意味ではとても良いと思う。

また意外だったのは子供側にとっても、かならずしもホームスクールは寂しい孤独なものとも限らないということがわかった。

日本もホームスクールというのが一般的になってくる未来がくるかもしれない。
個性を大事に、子供達を守っていけるような選択肢がある社会であったらいいなと思う♪

タイトルとURLをコピーしました