【家事】梅雨でも怖くない ランドリー代行

サービス
マズヤッテ
マズヤッテ

在宅勤務が終わって、通常の出社生活になってどう?

社会人<br>一人暮らし
社会人
一人暮らし

日中外出だと、なによりも「洗濯」が大変なんですよ。だって夜も遅かったり、急に雨が降ってきたということもあるし、布団干しは当然休みの日にやるしかないし。社会人生活って大変なんだなーって思いました。

スポンサーリンク

この記事の対象者は?

今回の記事では、「洗濯家事」について考えていきたいと思います♪

  • 日中外出が多い一人暮らしの方
  • 共働きで夫婦そろって家にいない方
  • 家にはいるが、やることが多くて手が回らない方
  • 日差しが悪く布団が干せない方
スポンサーリンク

【悩み】洗濯家事の問題洗い出し

時間がない

現代の洗濯機能は昔と比べると大分進化してますよね。それこそ、乾燥までしてくれる機能のついた洗濯機も珍しくはなくなってきました。 

とはいっても、欧米アメリカのようにどの家庭にも洗濯室があって巨大な洗濯機と乾燥機が設備され、天候に左右されずいつでも洗濯ができるというのは一般的ではないですよね。

洗濯機の機能が進化してもやはり、洗濯後の作業にはそれなりに「時間」がかかるものです。 洗濯を干すにしても、ハンガーと通して干す場合や、洗濯ばさみを必要をする物、素材によってはデリケートで日差しが強すぎない場所が必要な物もあるし。それら1つ1つを判別しながら干す

洗濯が終わって、取り込む時間に加え、1つ1つを畳む時間、元の位置に戻す時間 などなどいくつもの工程を経て、やっと完了。 家族の人数が多ければ多いほど、工程にはものすごく時間と負荷がかかります。

例え、「とにかく乾けばいいの!」「すぐまた着るから畳まないからいいの!」としても、洗濯機から出した洗濯物を洗濯カゴごとそのまま外に置いて放置ってわけにもいかないですよね。やはりハンガーなりにかけて干しますよね。

家にいない

朝の天気予報では「晴れ」と言っていたにもかかわらず、雨!「洗濯物干してきちゃったのに!」という経験された方多いのではないでしょうか。 

外出先からすぐに家まで戻ってこれるならばさほど問題ではなくても、仕事中だったり距離的にも戻れないから諦めて家に帰って濡れた洗濯物を取込み再度洗濯をするのって避けたいですよね。  または、天気による影響は無かったものの帰りがいつも遅く、洗濯物が夜遅くまで外に干されたまま、夜風で冷たくなった洗濯物を取り込むなど家にいないと帰宅後にとりかかることになります。結局は、お天気良くても部屋干しっていう人もいらっしゃるかと思います。

天候次第

「天候次第」っていうのが外干しの大きな悩みじゃないでしょうか。お天気が良い日にカラッと乾いた洗濯物は非常に気持ちがよく、特に干された布団類は「お日様の香り」に包まれていていいですよね♪ 

一方で、梅雨の時期や、日差しが少ない冬は洗濯物がどんどん溜まりがち。 翌日の天気予報だけでなく、1週間の天気予報を把握して比較的天気のよさそうな日を狙って洗濯物をする!のが必須になってきます。 

フルタイムで働いていると、土日の休みの内のどちらかを洗濯日として使って、週末が終わるというケースもあると思います。それだけ外干し文化には、天気次第で行動や計画までも左右されるということですね。

【解決案】どんな方法があるのか?

時間がない悩みについては?

洗濯物が無事乾き、元の場所にしまうという工程まで時間がかかると先ほどお話ししましたが、少しでも時短で済ます方法があります。

例えば、「種類ごとに洗濯をする」です。 そもそも色々な種類の形、大きさ、種類の洗濯の物を一緒に洗うから干す段階で、面倒になるわけです。

この衣類にはハンガーを使って干す、これは靴下だから洗濯ばさみ干し、バスタオルは広めのスペース確保が必要だから、最初に干してなど判別と段取りをしながらするため時間も動作もかかります。

それを避けるためにも、今日はハンガーにかけて干すトップスとタオル物を洗濯する日!と決めちゃうと特定の動作に限られるので時間短縮にもなりますし判別もシンプルです。ということは、畳む工程でもトップスのみ、タオルのみなので効率よく作業できる上、元の場所に戻す時に楽ですよね。

家にいない悩みについては?

たまたま在宅している人がいれば、お願いすることはできたとしても、そう都合よくいかないのも現状です。 だからいつも「部屋干し!」という風にしてしまうと乾きも悪いし匂いも気になる、それに加え洗濯物に場所を占領された空間はあまり居心地も良くないですよね。 

しかし最近では、浴室乾燥機がついた家も多くなってきており、乾燥機の下に干したいものを吊るすことで乾燥できる便利な機能の利用のおすすめです。

そのほかには、夜でも外の温度が温かい夏の時期なら夜洗濯してそのまま夜干して夜風で乾いてしまいます。ただ、夜干しの場合は、環境によって夜の虫がつく場合や、洗濯物泥棒、場合によっては匂いといったデメリットもあるのでどうしてもということであれば洗濯物の種類で判断が必要です。

天候次第の悩みについては?

せっかくの休みで家にいるけど外は雨。まったく洗濯物ができない!という時はガッカリしますよね。どんどん洗濯カゴの中に洗濯物がたまっていくし、翌週の天気も良くないし!となると結構絶望的です。 

そういう時は、「コインラインドリー」を使いましょう。ここ最近あちこちでコインラインドリーを目にするようになったと思いませんか? しかも最近のコインラインドリーは靴洗い専用の洗濯機とか、布団もまるごと洗える洗濯機も完備されているんです。

サービスによっては、洗濯物を入れた洗濯機の番号を事前に覚えておけば、あと何分で洗濯が終了するかがスマホで確認できるか確認できるのでジッと洗濯が終わるまでコインラインドリーで待っている必要もないです。

それから、24時間営業してコインランドリーもあるのはありがたいですよね。

朝の早い時間や、夜遅い時間ならさほど混雑していないので、洗濯と乾燥まで待機することなくスムーズに終えることができます。 

もしくは、洗濯部分だけ、ご自身の洗濯機で洗い、乾燥だけコインランドリーでやれば1時間もかからずに終えることができます。また、コインラインドリーには、布団も丸洗い、乾燥までできる大き目の機械もあるので、布団もまとめてサクッと終えられるのが嬉しいところです。

おススメは?

コインラインドリーが身近な場所にあればダントツ便利でしょう。量が多くても洗濯と乾燥まで数時間で終わるし、お金がかかっても何とかこの洗濯の山を片付けたいという時もあるでしょう。

一方で、洗濯物が大量にあったり、布団も洗いたいとなった場合、車でコインラインドリーに行かないと難しいですよね。そうなってくると、コインランドリーは便利だけど移動が困難。仕方なく通常通り「天気予報」を見て外に干すに限られてしまいます。

…と悩んでいる方が実に多かったのでしょう。ここからが必見です!!最近では「洗濯代行サービス」というものがあります。

なんと、洗濯を代行してくれるだけでなく、自宅まで洗濯物を集荷に来てくれて、綺麗に畳んで、ご自宅まで届けてくれるというサービスLaundryOUT。ものすごく便利です。布団洗いもやってます。これはかなり便利。少しでもいいから自分に時間が欲しいという主婦、共働き、1人暮らしの方、こういうサービスも世の中に出てきていることを知って安心してください。それだけ多くの人が悩み、ニーズがあるということですよね♪

【まとめ】

日本の場合、欧米文化と違い多くの場合は布団も含め洗濯物を外に干すため、天候によってはなかなか干せなかったり、外出中に急な天気の変更により外に干してきた洗濯物が全部濡れてしまい再度洗い直しといったこともあります。

それ以外にも、洗濯が終わって元の場所に戻すまでの工程もそれなりに時間がかかり面倒。干す、取り込む、畳む、しまう時間。家族が多ければ多いほど洗濯物は多く、それだけ対応する時間に追われてしまいます。

対策として、洗濯物の種類ごとに洗濯をして効率的に行う方法や、浴室乾燥機の利用、また最近増えてきているコインランドリーの利用は、忙しい人達に少しでも「自由な時間」を与えてくれます。

さらに上を行くサービスとして、洗濯物を自宅に集荷にきてくれて、洗濯後は綺麗に畳んで、自宅に届けてくれるものまで出てきております。6月に入り梅雨でなかなか洗濯が干せない時期も間もなくやってきます、冬の布団を一度綺麗に洗濯してからしまうなど利用範囲は広く便利ですね♪ 

タイトルとURLをコピーしました