エアベッドのおすすめの使い方!普段使いにはあまり向いていない理由とこだわるポイントは?

エアベッドの写真アイテム
マズヤッテ
マズヤッテ

こんにちは マズヤッテです

以前こんな相談を受けました

ホームステイ先でお世話になった方が日本に来ることに!
我が家に滞在してもらうのだが、来客用のベッドはどうしたらいいだろうか?

せっかくの海外から来ていただいているんだから、一緒に過ごしたいですよね♪ 
とはいっても、日本は海外と違って「ゲストルーム」が常設された家づくりは多くない。

海外の方にとっては、布団よりもベッドの方が良いとはいえ、わざわざ購入するのもね。
(デメリット:ゲストの時しか使わない、場所取る、シングルベッドは小さい)

結論から言っちゃうと、エアベッドをおすすめします!

エアベッドおすすめ
  1. エアベッドなら使用する時だけ出せば良い
  2. ベッドの硬さも空気の入れ方で自由に調整できる
  3. 大きさもダブルやキングサイズなど大きいのもある
  4. 5分もあれば設置完了する自動ポンポ式もあるから楽
  5. 軽いので移動も簡単


 実はエアベッドブランドってたくさんあるんですよね。 

アウトドアで使うような薄くて簡易的なエアベッドもあれば、大人の膝の高さくらいの厚みのある普通のベッドのような物もあるんですよ😊 

  

スポンサーリンク

エアベッドの仕組みについて

そもそもエアベッドが何なのか?がわからない方はこちらの動画をどうぞ♪

おわかりいただけましたでしょうか?エアベッドは、膨らまして使うベッドです。

エアベッドにはいろんな種類もあり、アウトドアっぽくない物もたくさんあるんです😊

  • 手動ポンプ式 / 電動ポンプ内蔵式 
  • 薄めの物  / 厚みの物
  • シングルサイズ / ダブルサイズ、キングサイズなど
マズヤッテ
マズヤッテ

我が家は電動ポンプ内蔵式を使っていますが
とっても便利ですよ♪

電動ポンプ内蔵式:2〜3分で膨らむ
膨らます時の音 :掃除機の音くらい

エアベッドの人気ランキング

スポンサーリンク

エアベッドのデメリットとは何か

そう言っても、エアベッドには弱点もあるんです😔 

  • エアーなのでマットレスに穴が空いたらおしまい
  • 微妙に空気が抜けるので数日に1回は空気を入れる必要ある
  • 通気性がよくないため日常利用には対策が必要
  • ギュギュっと摩擦音がすること

とはいっても、使いたい時に使える!ベッドに寝たい!っていうニーズを満たすには充分ですよ♪

どうせ片付けられるのなら、贅沢なくらいドカンと大きい方が心地良いと思いますよ😊

エアベッド選ぶ時のこだわり項目

どうせ買うなら買ってよかった♪という品物を買いたいですよね😊 

口コミや評判から選ぶ!っていうのも方法ですが、まずは商品を絞る必要があります。

チェックリスト
  • 欲しい高さや大きさであるか?
  • 設置可能サイズか?
  • 手動式 or 電動式か?
  • ポンプ内蔵 or 別売りか?
  • 収納可能なサイズか?
  • シーツなど購入した場合、規格サイズ利用できるか?
  • 重さは?(どこかに持ち運び利用の場合)
  • 使用用途は?(アウトドア利用であれば汚れても拭き取りやすい素材などが良い)

ちなみに我が家では、来客用として使っているので普段はコンパクトに袋にしまってある状態です。

実はエアベッドは日常利用よりも、一時的に使うベッドをして利用する方が価値が高いと言えます。
そのワケを解説しますね♪

エアベッドを長持ちさせる方法

弱点の中でも通気性の悪さ=「カビ」の問題が悩みだと思います😔

その理由は?というと、エアベッドは普通の布団やベッドと違って、通気性がよくないんですね

・エアベッドの底部分全面が床に触れる
・マットレスも密閉され湿気の抜け道がない




その事から、ずっと敷きっなしの日常利用はおすすめできないんです😔 

じゃあ、長持ちさせるにはどうすればよいか?

  • 日常利用は避ける
  • ベッドマットなどを敷いて利用する
  • 使い終わったらエアベッドを立て掛けて両面空気にあてる
  • 出しっぱなしにせずに片付ける
  • ペットなど飼っている場合は爪などで穴が開く場合があるので側に近づけない

また、ギュギュっという摩擦音が気になるは、エアベッドの下に絨毯を敷くと軽減できますよ😊

エアベッド まとめ

マズヤッテ
マズヤッテ

それではまとめです

  • エアベッドは空気で膨らまして利用するベッド
  • 利用したい時に広げて使える利便性がある
  • 色々なサイズ、ブランド、仕組みのものがある
  • 通気性、空気のヘリ、摩擦音などデメリットもある
  • 日常的な利用よりも一時的な利用がベスト


タイトルとURLをコピーしました