ストレスフリーさは長持ちの秘訣 物の選び方

concerns暮らし
困った花子さん
困った花子さん

結局使わなくなっちゃうんだよなー。

飽きるのが早いのかな~。

マズヤッテ
マズヤッテ

物を買う時何を基準にかってる?値段?口コミ??

困った花子さん
困った花子さん

雑誌の紹介とか, テレビの話題で選んでます。

買ったけど使わなくなる 悩み
  • 新サービス出て買ったはいいけどそれほど使用してない
  • 意外と使わなくなったものも多い
  • 何を基準に選べばいいのか迷う
  • 同じような事を他でも繰り返した

購入した時は、宣伝や商品の魅力さについ買ってしまった。 しかし、それ程使わなくなったという事ありますよね。理由とすると…

  • 操作が難しい
  • 手入れがめんどくさい
  • うまくいかないから
  • 分かりづらい
マズヤッテ
マズヤッテ

使用してみないと、予測できない事ってあるもんね。

というわけで、本日のテーマは…

「ストレスフリー」な選び方が秘訣

 

について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

選び方 なぜストレスフリーさが秘訣なのはなぜか? 

※ストレスフリー (ストレスがないこと)

結論

意外と人は便利さに慣れてきてしまっているから…

  • すぐにできる
  • 操作が簡単
  • めんどくさが無い
  • 素早い

というような特徴に慣れてきてしまってますよね。

わかりやすい例で言えばパソコンその物は便利でも反応が遅かったり、複雑さがあるものはストレスに感じやすい。

ひと昔前までは、「充分早い」かったものでも遅く感じるようになっている。

困った花子さん
困った花子さん

そうはいっても、使ってみないと

ストレスフリーかどうかわからないもん。

マズヤッテ
マズヤッテ

そうだね!使ってから気づくことあるよね。

だからこそ、自分のニーズや傾向がわかる。

でも、せっかく買ったのに使わない!ということはできる限り避けたいじゃない? 持っているのに使わないのは物としてももったいないし、無駄な所有になっちゃいますよね。

注意する選び方のポイントについてまとめてみました♪※具体的に商品を例に説明しますね。

スポンサーリンク

扱いやすさ基準 選び方 

使う頻度によってもストレスの度合いもかわってきますよね。 毎日使うようであれば、扱いやすさは重要になってきますよね。 例えば、

ホットクック vs ウォーターオーブン (共通点 美味しい料理できる家電)

ホットクック

ウォーターオーブン

両方ともSharpの人気の商品ですが、私はホットクックを選びました。 何か特別な料理を作りたいっていうよりも、普段の料理をスイッチポンでできる時短さ重視で選びました。

理由

  • 具材いれてボタン押すだけ
  • 調理後鍋ごと取り外して洗える
  • 洗いやすい

ウォーターオーブンももちろん魅力的!それに高性能! しかし、ちょっとお掃除や鉄板を洗ったりというのが難点。普段使いよりも週末ちょっと豪華な物を作ろうかな使いには良いかもしれないですよね。

花子さん
花子さん

あ!私はウォーターオーブン使ってますよ。

レンジもオーブンもっていう多機能性基準の選び方

馴染みやすい頻度基準 選び方

限られた時間の中で隙間時間をつかって読書したいっていう場合は、場所問わずに邪魔にもならないものが理想ですよね。 例えば、

Kindle vs 紙の本 (共通点 読書)

Kindleも紙の本も両方とも良いところがある。本屋さんで本選びを楽しめるのは紙の本だけだし、本との出会いも紙の本の方が広いですよね。 けど、便利さではKindleはストレスフリーですね。

理由

  • 荷物にならない
  • 携帯でも読めるからいつでもどこでも読書可能
  • 欲しい本を探してすぐに手に入る
  • 辞書機能やメモ機能もついている

作る楽しさ基準 選び方

食品通販サービス とても便利です。今では色々な食品通販サービスがあり、注文した食材をスーパーで買って届けてくれるというサービスもあれば、ヨシケイのように決められた献立にそって必要な具材を当日に送ってくれる物もあります。

また、すべてが冷凍の状態できて、食べる寸前に電子レンジで温めるだけという便利なサービスもあります。

ヨシケイ vs Nosh (共通点:食品通販サービス)

Noshのように冷凍のお弁当のようなサービスは本当に忙しくい時に温めてすぐ食べられる便利さはありがたいですよね。

一方で我が家ではヨシケイを利用しています。理由は

  • 作る楽しさも欲しい
  • レンジフードではない
  • 時短調理

まとめ

便利なもの=ストレスがない とも限らないんですよね。 どのサービスや商品も便利さはあるものの最終的にストレスフリーな物の選び方というのは、人それぞれどんなストレスは避けたいのかにもよる。

使わなくなってしまったものの中には、使う上でストレスがかかるものだったりしませんか? 一方で日常的に使い続けている物はきっとストレス抵抗が低いはず。

  • シンプルで簡単に扱える
  • 手入れも簡単である
  • 時間がかからない
  • わかりやすい

ストレスが受けにくく日常的にも利用できるものがが継続的に長く使えますよね。

タイトルとURLをコピーしました