オンライン予約制 雨でも大丈夫 アメリカンキャンプ

Trailerキャンプ

キャンプ好きだが、こんな悩みがある

  • 天候の心配が嫌なのでロッジとかに泊まりたい
  • 混雑具合がわからない
  • 首都圏近郊で楽しみたい
  • シャワーなりお風呂入りたい

などなどキャンプとはいえ快適さは欲しいですよね。

(※グランピングほどの快適さは、またキャンプとは違いますが…)

実は、つい先日キャンプに行ってきました。

今年はコロナの影響もあり、どうするか迷った挙句オフピークを狙った事、しかも、台風の接近でキャンセル客も多かったようで、非常に空いてました。✌️

季節問わず自然に囲まれて土の香りや新鮮な空気を吸いたくなるんですよね。

自然の香りを吸い込みながら、冷えたビールを飲んで、簡単なキャンプ料理を作って食べるだけなのにすごく贅沢なんですよね。

今回は既に台風がくるとわかっていたので、テントではなくトレーラーハウスを予約してきました。

というわけで、トレーラーハウスのキャンプってどんな感じなのか?についても

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

毎年必ず行っているキャンプ場

満願ビレッジ」というキャンプ場に毎年行っています。なぜ、満願ビレッジなのか?って点も気になるでしょうから、解説もしてみたいと思います✌️

その前にジャジャーン! これがトレーラーハウス!! 

トレーラーハウス
満願ビレッジhttps://www.manganvillage.com/

満願ビレッジでは、こう言ったトレーラーハウスがいくつもあります。

中には、ペット同伴で泊まれるトレーラーハウスもあるので、予約をする前に必ず確認して予約しましょう!

マズヤッテ
マズヤッテ

では、細かく内部を説明してみたいと思います。

  1. 屋根があるから雨の心配不要
  2. トレーラーハウスとは別に炊事場デッキがある
  3. テーブルもある
  4. キッチンシンクがある
  5. ベッドもある
  6. 冷蔵庫もある
①トレーラーハウス外観
④キッチンシンク
②ハウスのすぐ隣
⑤ベッドはこの他にもある
③テーブル
⑥冷蔵庫もある

というわけで、トレーラーハウスだけでも楽しむことができます。

特に夏場は食材がいたみやすいので、冷蔵庫があるのはすごく助かりますね! 

マズヤッテ
マズヤッテ

雨の音を聞きながら、テーブルでブログ作業したり本を読んだりいいですよ♪

首都圏近郊で楽しめるキャンプ場

埼玉県秩父には非常に多くのキャンプ場が存在します。川があったり、山登りやハイキングも楽しめる秩父の環境は、とても人気の場所です。

キャンプ場に限らず夏場は長瀞のライン下りやラフティングでも有名です。 

都心から2時間程度で行ける距離です。

参照元 Google Map

いろんなパターンのサイトが準備されている

満願ビレッジでは、トレーラーハウスの他にもテントサイトやコテージもあるというのが、魅力的です。 

というのは、多くのキャンプ場はテントサイトのみが多い。

天気予報を見て、雨が降ると予報でわかっている場合は, テントサイト以外を予約しています。

テントサイトもすごくおすすめです♪

普段はテントサイトを利用しています。 そもそも満願ビレッジのテントサイトの美しさに魅了されていくようになりました。

満願ビレッジのテントサイト おすすめ
  • 非常に綺麗
  • テント張る場所とは別にウッドデッキがある
  • ハンモックも吊るせる
  • テントサイトは3つしかないため、静かである

ただ、テントでのキャンプは雨だと結構大変です。タープがないと料理ができなかったり、寒い日や風が強い日だと結構キツイなーと感じる部分はあります。

ちなみに、満願ビレッジのテントサイトは「林間」とはいえ、森の中という感じではないです。真上は空!あとは、急な坂が昇ってのサイトなので、トイレに行く時とか、食器を洗う時などは、若干坂の登り下りが大変かも(とくに雨天時は足元注意して歩く必要ある)

是非、キャンプに慣れてきたら、テントサイトも経験して見てくださいね!季節的には暑くなり始める前がおすすめですよ。

マズヤッテ
マズヤッテ

夕方を過ぎると真っ暗になるので、早めに夕食の支度を始めた方がいいです。

テントサイトは何かと先を予測しながらの行動が必要!

https://www.manganvillage.com/

混雑具合もわかるから

キャンプ場予約サイト「なっぷ」というのがありますが、それとは別にキャンプ場に直接予約ができるサイトでは、混雑状況もわかります。

例えば、来月あたりにまたキャンプに行きたいけど、どのサイトならまだ空きがあるのだろうか?と言ったこともキャンプ場の直接のサイトならキャンセル待ち予約もできるし、天気に合わせて都合が良いサイトを予約しやすいですよね。

キャンプ場そのものがコンパクト

満願ビレッジのキャンプ場が大きすぎないという点も大きなメリットです。 

どこかのキャンプ場では、広大なスペースにテントがぎっしり並んでいて、難民キャンプかのような場所もあります。

そうなってくると、人の賑わいの声がうるさかったり、トイレも列を作って並ぶようになるし、アウトドアをそこまで無理してやる必要ないんじゃないかなーと思うことはあります。

https://www.manganvillage.com/

温泉が徒歩の距離にあるから

更に言えば、満願ビレッジから徒歩5分くらいのところに「満願の湯」という温泉施設があります。 キャンプ泊の方には、泊数分の無料チケットがもらえるので、キャンプ疲れに温泉に入ってゆっくり休む最高のメリットもあります。

ちょっと余談

キャンプ場をでてすぐのところに老人ホームがあるんですが、そこのマークがすごくSnowPeakっぽいんですよね。

キャンプ好きなら、「あれ?」って一瞬思うかもしれません。

スポンサーリンク

キャンプ料理はどうするか?

どこまでキャンプ道具を揃えているかにもよりますが、ざっくりとこんなの作ったよ!というのを紹介してみます。 その前に、食材ってどこで調達しているの?って不安な方もいると思うので、まずそこから!

食材飼う場所

食材をあらかじめ買ってクーラーボックスに詰めてキャンプに出かけるのでも良いのですが、意外とキャンプ場の近くにスーパーがあったりします。そこで、調達するのでも遅くないですよ。

満願ビレッジの場合、キャンプ場から車で15分くらいのところにYaokoがありますし、もしくは花園ICを降りてしばらくすると「業務スーパー」もあるので、グループでキャンプに行かれる方にはおすすめです。 

業務スーパーで買うなら おすすめ食材
  • 焼おにぎり(冷凍食品の売り場にある)
  • 焼肉の肉、スペアリブなど(肉類はすごく安いし、量も多い!)
  • 焼き鳥(冷凍食品の売り場にある)
  • フランクフルト(冷凍食品の売り場にある)
  • 氷も大きめのサイズで売ってます
  • 焼きそばもかなり大きなサイズで売ってます

こんなのも作ってみました

燻製がすっごくいいんですよ。キャンプに来たーという感じがして。

燻製きも色々ありますが、鍋型のものが一番気に入ってます。密閉感があって、焚き火から直接鍋を温められる。 

今回は、茹で卵、ブロックベーコンを燻製きもしてみました! SnowPeakの焚き火台を使っての料理

Snow Peakの炊き火台は帰る日の朝は使わないようにしています。熱くてしまえないからです。朝食用には、Colemanのコンロで調理してフレンチトーストや、玉子焼いて食べます。

毎回恒例のキャンプデザート

我が家では、毎回キャンプにいくとこれを食べています。

ホクホクになったリンゴと、シナモン、キャラメル、マシュマロのマッチングが最高なんですよ。

ダッチオーブン持っている方、是非トライしてみてください。材料は下記写真参照

リンゴ、マシュマロ、シナモン、キャラメル、砂糖少し、白ワイン1カップ

🍎リンゴのワイン焼き🍎
  1. ダッチオーブンを触れられるくらいの温かさにあっためる
  2. 白ワインを1カッっぷりいれる
  3. 事前準備したリンゴを並べる
  4. ダッチオーブンの鍋をして約20分で完成

まとめ

いかがでしたでしょうか? キャンプに行きたくなってきちゃいましたか?

季節問わず楽しめるキャンプ、そして首都圏からのアクセスしやすい場所でのキャンプっていいですよね。 キャンプで不便さもありますが、だからこそ家族や友達と協力しあって楽しむことを学べるんですよね。

静かに虫の声や風の音、土の香りに包まれつつ普段の生活の疲れから解放され、そして自然と共に感謝する時間、それがキャンプの楽しみなのかなーと思います。

タイトルとURLをコピーしました