【原因追及】 運動量 体重 比例しない理由は?

体重計で測る人の画像楽しみ
WP食堂女将さん
WP食堂女将さん

体重が落ちないのよ。定期的に運動するようにしてるんだけどね~

本日のテーマは、運動量と体重について書いていこうと思います。ちなみに私は

マズヤッテ
マズヤッテ

マズヤッテの習慣

  • 週3回ジムに通う
  • ジムでは1時間動きっぱなし
  • 食事:野菜やさっぱり味が好き
  • 水分:水や麦茶 凄く飲む
  • デスクワーク

パッと見たところ健康的ですが、それでも体重は落ちないという事に悩みました。多分本気でダイエットに取り組む目的でジムにまで通い始めた人にとっては、結果をだしたいですよね。

そこで、とあることに意識しながら実験しはじめてから体重が落ち始めました♪

というわけで、テーマの内容は「運動量と体重の減り」は比例しないについて!

そもそも認識がまちがっていた
  • ジムに行く=痩せるとも限らない
  • 意識している(運動もしている、間食もしない)=結果とも限らない 
  • 体重=脂肪とも限らない
脳さん
脳さん

認識が違ってたと気づくことは大事よね。

スポンサーリンク

そもそも認識が間違っていた事とは?

ジムに行く=痩せるとも限らない

そもそもジムに行く=痩せるって誰も言ってないけど、なんとなく勝手に期待してました。

脳さん
脳さん

ふーん、でも、そんな指示私(脳)から体に出してないですからね。

※「ジムに行き始めた」という以外は今まで通り(食事に量も普通並みの量)

あえて言うならば、ジムに行き始めてからは、睡眠の質が変わりました。特にジムに行ったその日は体が疲れているのか「ストンっ」と寝落ちする事が多くなった。

脳さん
脳さん

そりゃそうよ!体もつかれるけど、頭の中でもドーパミンが出たり、酸素量が一気に増えたり脳内でもお祭り状態よ。

意識している(運動もしている、間食もしない)=減量とも限らない 

自分の中では「運動もした!」「間食もしないようにしてる!」とコツコツとやってきている割には、結果として大きな変化がないことがあります。

当然「意識する」ことでブレーキがかかっているからこそ、増量にはならずに済んでいるのかもしれない。

脳さん
脳さん

そうね、ブレーキかけてるのは私よ。でも結構ストレスだけどね。

体重=脂肪とも限らない

体重=脂肪とも限らないことも覚えておいた方良いです。

筋肉は脂肪よりも重たい。ということは、その重みは筋肉によるもの?それとも脂肪によるもの?それとも水分量? という具合に、重さだけではわからない。 筋肉の重みはOKだけど脂肪は落としたいという事なら、重さよりも体脂肪を計測した方が良いですね。

※基本女性は脂肪が多く、男性は筋肉が多い。 

スポンサーリンク

ジムで期待できないなら、食生活

ジムに行っても変化がないということは、体に入ってくる量、質も見直す必要がある。

  • 量⇒普段量の半分に減らしてみる
  • 質⇒油物は避ける
  • 糖分⇒極力避ける(糖分とると「もっとちょうだい!」となってしまうから)

脳さん
脳さん

いいわよ記憶しておくわ。でも変化にはストレスかかるわ。いつもの量よりも少ないと「少ないめですよ!」とお腹に警告ならすようにしているのも私よ。 たまには「糖分」ご褒美ちょうだいね。

1週間ごとに変化を確認します!(体重or体脂肪を計測する) 

アプリ等で折れ線グラフで増減がすぐにわかるようなものがあったほうが絶対にいいですね。たとえ、0.3gの差でも下がっていればモチベーションアップデス!   最低でも起きたとき&寝る前計測する。

理由→増減するタイミングをみて、「ああ、夜食がいけなかったのかも」とか「アイスクリーム2つ食べちゃったもんな」など思い当たるものを把握する。

マズヤッテ
マズヤッテ

「折れ線グラフ」にかなり強調しましたが、これすごく効果あるの。 秘密だけど見せてあげる↓↓ 内緒だよ。

この折れ線が特に上がった所、下がった所で思いつく原因を記録 
マズヤッテ
マズヤッテ

実際は、もっと折れ線具合を活発にさせるために

毎日朝起きてすぐ夜寝る前

計測しているので、反省点が特定しやすい。

※計測の際はパンツのみ(秘)同じ条件を毎日記録することが大事

意外と影響あるのが、「体の柔軟性」

「運動もしている」「食べる量も半分にした」でも落ちないことがありました。そこで疑ってみたの「もしかして老廃物がたまりやすい?」ということでした。

そこで、老廃物についてあれこれ図書館で調べたところリンパ管という役目にであった。それは、老廃物の通り道となる排水溝のような役目をしていて余分な水分や不要な物を汗や尿、爪、髪の毛などを通じて外に出しているもの。

マズヤッテ
マズヤッテ

じーーっとキッチンの排水溝の汚れをみて、きっとリンパ管もこういう状態になってるのかなーとイメージできた。

つまりその排水溝が詰まってしまっていて体重にも変化がない?と仮設をたてた。

また、運動が大事と言われているのは、老廃物を外に出すためには筋肉の動きが欠かせないという事!にも関係しているようだ。

脳さん
脳さん

気づいてきたようだねっ。

体が硬いと、伸縮幅も小さく老廃物の運搬作業も遅い。

脳さん
脳さん

筋肉で老廃物も動かしてるわね。

ということで、ストレッチ&マッサージを開始した!

なんと!!!体がポケポカするだけでなく、毎日調子がいいんです!しかも、体重が落ち始めてきたのもこの時期から。

脳さん
脳さん

引っ張られるのに慣れてない筋肉は痛がるけどね。慣れるように指示するわ。

まとめ

世の中に色々なダイエット本や作戦が商品化しているけど、全員が一致するって物は何1つない。

自分で「こうかな?」「じゃあこれはどう?」と実験して、体重折れ線グラフをみてどういう時に増加して気を付けないとならないのかを把握していきましょう♪

マズヤッテ
マズヤッテ

まずやってみることが重要だね!

余談

また、最近読んだ本の中で出会った「体の反射区」(体の部位と足裏は連動している箇所がある)を押すでその連動部位が活性化するというのを読んだ。 (Reflexology(Reflex=反射 -logy:学問)んん、これはただのマッサージの延長線上にあるだけだけど、在宅勤務でずーーっと椅子に座ってると体がつかれるのよ。

足元にゴルフボールをおいて(床が痛まないよう座布団を敷くなど工夫して)踏みながら作業すると気持ちがいいですよ。

脳さん
脳さん

そうね、私も嫌いじゃないわ。でも「好転反応」という作用も備えてあるの。急に流れがよくなってくると体がびっくりして一時的に悪化症状が出る場合もあるって覚えておいて。

タイトルとURLをコピーしました