ブロックメモの活用 これだけでデスクも頭もすっきり! 

ブロックメモの写真暮らし

デスク周りにはどんなアイテムを机においていますか? 

今日はブロックメモを使った頭の整理について書いてみたいと思います。 

これを実践するとどんどん頭に入ってくる情報のカテゴリー整理ができるようになります♪

マズヤッテ
マズヤッテ

情報の処理に悩んでいました。ブロックメモを使ってからは頭の整理がしやすくなりましたよ。

ノートをデスクまわりに置くと邪魔! 一方でブロックメモは使う頻度が非常に多いし役に立つことから、全てはブロックメモで管理するようにしてみました!


・ちょこっとメモ書き(電話受けた時など)
・他の人に一言メッセージを添える時
・本をここまで読んだときにしおりの代わりになるもの

どんな人向けの記事?
  • 次から次へと新しい情報が入ってくる(何か新しいこと学習中の方とか)
  • ノートに書き出すとどこに書いたのかわからなくなる(必要な時に取り出せない)
  • 入ってくる情報の種類はカテゴリー分けすると多数ある
  • 処理されなまま忘れかけてしまうこともある
  • メモにかいたけど、どこ行ったかわからなくなった
スポンサーリンク

ブロックメモを使いましょう

100円ショップでも買えるブロックメモを用意しましょう。 

今日からこのブロックメモがあたなの外付けメモリーだと思ってください。頭に思い浮かんだこと、パソコン作業していてわからない事が出てきた時、すぐに書き出すだけOKです。

ブロックメモの画像
外付けメモリーと思ってください
スポンサーリンク

ブロックメモの活用方法

  1. 1ページに1つのメモ(用事)を書く
  2. メモのカテゴリーがわかるように下に記載しておく
    1. 例)「調べる」「ToDo」「買物」「メモ」「予定」など自分が把握しやすい形で書いておく。
  3. 書いたらすぐ切り離し、脇においておく
  4. ③がある程度たまってきたらカテゴリーごとに仕分ける
  5. すぐに「調べる」必要あるものは調べ、回答や詳細を書いておく
  6. ⑤解決済みとして、脇に置いておく。
    1. メモして保管しておきたいものは後に処理
    2. ToDOなどのリマインドメモは完了したら捨てる
  7. ⑥-1の情報を最終的にどう管理するのかはご自由に
    1. 例)パソコンに入力しておく
    2. 例)カテゴリーごとノートに書き出す
カテゴリーごとに仕分けされたメモ

ブロックメモ活用で頭がスッキリの理由

1日がおわって、今日追加されたメモを振り返り、仕分けを行います。

①今日追加したメモ例 内容とカテゴリー記載)
・歯医者の予約ー予定
・HTMLのFloatのところから続きやるー学習
・”Be yourself no matter what they say”(他人に何言われようと自分らしくいること)ーYES!

などなど仕事や読書しながらふと出会った言葉や、思いつきがあると思います。
そういったものを、ササッと書き出す場所がブロックメモ。

②明日取り組むタスク束を作ってダブルクリップでとめておきパソコンの上に置いておきます♪ この時「順番」どおりに束ねておくと作業する時に迷う手間が省けます
 翌日タスク
・歯医者の予約ー予定
・HTMLのFloatのとろこから続きやるー学習

③ちなみ、当日タスクとして予定していたものがどうしても終わらなかった場合翌日に回せば済むのですが、再度1つ1つのメモを見て「今やる必要があるのか?」を見直して「査定束」を作ります。

翌日にはまだ取り掛かかる必要のないものは、一旦カテゴリーごとに束わけしておく。時間が経過してメモをみると客観的にみると「いや、これはやらなくてもいいよね!」というこ事もあります。        

※いずれは束もゼロに目標ですがゼロにはなかなかならないですね…

もし、ノートに書き出しておきたい重要なメモあれば、まとめて束においておき時間に余裕あるときに行う (※私は書き出すのがめんどくさいので音声入力しちゃいます)

まとめ

マズヤッテ
マズヤッテ

それでは、まとめです。

人は一日に6万個以上の思考を行っていると言われています。 
予定のこと、読んだ本の事、友達のこと、今夜の夕食のこと、天気予報のこと、ありとあらゆることがパッと浮かんでは消えて、またパッと別のことが出てくる。
何か仕事をしていても、その状態は続く。


デスク周りにはあれこれ物をおくと気が散ることもありブロックメモとペン1本のみ。

ブロックメモさえあれば、思い出したことを書き出せるし、書き出したメモを見れば一日を巻き戻して確認でき、翌日やるべきことも明確にできあがるという仕組み。

さあ、ブロックメモにまかせて今日も頭スッキリ仕事しよう!

タイトルとURLをコピーしました